~ TOEIC英単語帳選びでお困りの方はこちら ~

東大文Ⅲ(教育学部)合格までの道のり

東大文Ⅲ(教育学部)合格までの道のり

文Ⅲ試験までのプロセス

STEP.1
2021年1月~
共通テスト過去問逐一チェック
STEP.2
4月~8月
出願の日程など必須事項押さえとく(新年度になったら公開される情報をチェック)
STEP.3
2022年1月中旬
共通テスト受験(足きり発表今回は令和3年2月16日(火))
STEP.4
2022年2月下旬
二次試験受験@東大駒場Iキャンパス
STEP.5
2022年3月上旬
合否結果発表💮(大体3/10あたり)

受験科目

共通テスト

国(現文,古文,漢文)・数(Ⅰ,A,Ⅱ,B)・英・理(基礎化学,地学)・社(地理B,日本史B)

二次試験

国(現文,古文,漢文)・数(Ⅰ,A,Ⅱ,B)・英・社(地理B,日本史B)

試験対策スケジュール

2020年

1/5🌙

  • 文・古文・漢文単語暗記
  • 日本史歴史の流れ大観を掴む作業
  • 地理のテキスト一通り読み通し
STEP.1
🏳‍🌈10月
受験科目決定、年間スケ立て、過去問傾向分析、テキスト揃える
STEP.2
🏳‍🌈11月
テキスト勉強本格開始。日本史漫画一周、現・古・漢文単語系一周。詳説日本史ザックリ一周しつつ大観掴む作業。
STEP.3
🏳‍🌈12月
詳説日本史遡り因果まとめ。古・漢文単語系一周。地理テキスト一周。同時並行で文系科目東大過去問の出題傾向も把握。

10月半分地点で東大受験を決意し、そこから半月で本番までのスケジュール考案やテキスト選びがスムーズに進んだのはよかった。そこから国語と社会を筆頭に学習を進め、割りかし予定していた通りの進捗度で1クールを終えられたと思う。2クールではやり残した国語の読解演習問題をひたすら解くフェーズ、地理の論述問題対策テキスト、新たに数学に取り組んでいこうと思う。
注意
ここまでで得意な文系科目の基礎をおさらいする

2021年

2/5🌙

  • 数I、A、Ⅱ、B白チャート本格開始!Ⅱ、Bのイケるところまでやる
  • 地理テキスト全周&地理の研究で論述強化
  • 日本史実力教科書読み込み&論述強化&細かい暗記作業
  • 国語(現・古・漢)の読解問題
  • 国連英検ライティング練習がてら記述問題対策→過去問+3行日記でコツコツ強化
STEP.1
🏳‍🌈1月
国連英検ライティング対策。数I、A白チャート。古文上達45。村瀬地理地誌編→地理の研究。ヤマのヤマ。現文格闘(細々と)、日本史論述(細々と)
STEP.2
🏳‍🌈2月
数I、A白チャート。古文上達45。村瀬系統地理2周目。地理論述。現文格闘(細々と)日本史論述(細々と)
STEP.3
🏳‍🌈3月
数I、A白チャート(✅いければ数Ⅱ、B白チャート着手) 村瀬地誌2周目。地理論述。現文格闘(細々と)日本史論述→方向転換、日本史実力教科書(論述意識でとりあえず一瞬する)
STEP.4
4月
数Ⅱ、B白チャート。現文格闘。日本史実力教科書。東大英語リスニング対策開始

  • 1月…国語全般が順調な反面、数学は予定よりも進捗が芳しくない。よって、隅まで完璧に解こうとせずに解法理解&暗記に時間を割いてさっさと一周してしまう方向性に転換。日本史の論述にもちょっとずつ着手できている。
  • 2月…国連英検特a受験を延期&数学黄チャート飛ばしという重大な決断。効率アップと東大受験一本集中の為。2月を終えて、国語系や地理の実力は確実にアップしている。数学も段々ペースアゲアゲで3月半ばくらいには数ⅡBに着手できそうだ。その反面日本史の定着というか、あんまりやってないから不安がまだある。地理と並行してやらねば。
  • 3月…数I、A白チャート、村瀬地理2冊二周目、地理論述がここまでで無事完了。数学は新天地のⅡ、Bへ突入。先月の課題だった日本史も本格的に着手して、古代の内容はもうまとまってきた。英語は毎日3行作文継続中。4月は数学・日本史・東大英語に触れるの3本を中心に進めたいですな。
注意
ここまでで数学の苦手意識を克服する&文系科目の得点を伸ばす

3/5🌙

  • 7月ごろから化学・地学基礎学習を本格開始!
  • 数Ⅱ、B白チャート完了、数I、A青チャート着手&だいたい分かった!くらいになるのが目標
STEP.1
5月
数Ⅱ、B白チャート。
STEP.2
6月
数Ⅱ、B白チャート。
STEP.3
7月
数Ⅱ、B青チャート。鎌田/福間の〇〇の講義シリーズ3冊を順に。
STEP.4
8月
数Ⅱ、B青チャート(数I、A青チャート)。地学基礎。

振り返りここに記載

4/5🌙

  • 数I、A、Ⅱ、B青チャート開始~全冊完了
STEP.1
9月
数I、A青チャート。
STEP.2
10月
数I、A青チャート。
STEP.3
11月
数Ⅱ、B青チャート。
STEP.4
12月
数Ⅱ、B青チャート。

振り返りここに記載
注意
ここまでで文・理両方自信をつける。過去問に時間を割けるようにしている。

2022年

5/5🌙

  • センター過去問・共通テスト問題集やりこみ&二次試験対策全開で!
  • ひたすら国数英社過去問ブン回し&見つかった穴の補強作業
  • 試験本番の雰囲気やコンディションを想定しての戦略立て、ドレスリハーサル
STEP.1
1月
センター過去問・共通テスト問題集ひたすらブン回し(穴の補強)
STEP.2
2月
二次試験過去問ひたすらブン回し(穴の補強)

振り返りここに記載

やるべき参考書&問題集

全体

センター過去問、共通テスト対策問題集、東大文科赤本(過去問, 7年分)、東大の〇〇27カ年分赤本

科目別

国語

現代文
  • 現代文と格闘する
  • 現代文キーワード読解
  • Kindleで評論本を読む
  • (得点奪取現代文)
古文
  • 古文ゴロゴ
  • 古文上達 基礎編 読解と演習45
  • 読んで見て覚える重要古文単語315
  • (得点奪取古文)
漢文
  • 漢文ヤマのヤマ
  • 三羽邦美の漢文教室
  • (漢文道場 入門から実践まで)

数学


Ⅰ,A,Ⅱ,B
  • 白チャートⅠ,A
  • 白チャートⅡ,B
  • 青チャートⅠ,A
  • 青チャートⅡ,B
  • 一対一対応の演習(Ⅰ,A)
  • 一対一対応の演習(Ⅱ,B)
  • (文系数学の良問プラチカ)

理科(共通テストのみ)

化学基礎
  • 鎌田/福間の〇〇の講義シリーズ3冊
地学基礎
  • 地学基礎 数研出版

社会

MEMO
地理は二次対策として国や河川、島などの名称や位置といった最低限の知識対策も必須
日本史
  • 大学受験らくらくブック日本史(古代~近世、近現代編)
  • 詳説日本史B 山川出版
  • 山川詳説日本史図録
  • 日本史の論点
  • 考える日本史論述
  • 日本史実力教科書
地理
  • 村瀬 地理B 系統地理編
  • 村瀬 地理B 地誌編
  • みんなのセンター教科書地理B
  • 新詳資料 地理の研究
  • 納得できる地理論述
  • 地球儀(地図帳代わり)

英語

L&R
  • ひたすら過去問の傾向を分析し、出題形式や文法に穴が見つかったら埋めていくスタンスで
  • 国連英検対策でやる英作文練習はそのまま応用できる
  • ※東大の英語リスニング赤本は随時やっておいた方がいい→2021年2月購入済

各科目の出題傾向の分析

MEMO
一次選抜通過者の平均は大体8.5~9割取ってる。通過最低点は6.5~7割。
800点(8割)取れれば圧縮点で97.7/110点まで取れる。

2021/2/7🆕河合塾調べによると、文Ⅲは共通テスト792点がボーダーライン(合格率50%ライン)だった様子。濃厚ライン(80%ライン)は828点。

共通テスト

注意
2021年1月以降でデータが入手でき次第研究すること!

国語

MEMO
80分200点満点。
現代文
古文
漢文

数学

MEMO
大問5つで、1,2は必須、3~5から2つ選択して解く形式。数Ⅰ,Aは70分、数Ⅱ,Bは60分。各100点満点。
Ⅰ,A,Ⅱ,B
  • 数Ⅰ,Aはデータ分析、場合の数・確率の出題が目立つ
  • 他にも整数、三角比の分野からの出題も多かった
  • 数Ⅱ,Bでは、必須問題として三角関数と微分積分、選択問題として確率分布、数列、ベクトルの3つ
  • どちらも統計分析系が出てる。場合の数・確率は東大二次でも出題。三角関数は共通テスト頻出。

理科

化学基礎
地学基礎

社会

MEMO
各試験時間60分ずつ。日本史は大問6つ構成、地理は5つ構成。
日本史
  • 人物や出来事の名称とその説明の組み合わせ、年代順並び替え、空欄補充語選択、資料の正確な読み取り、正誤組み合わせ、時代と出来事の説明文マッチ問題で構成される
  • ザックリした出来事の年代、人やモノ、出来事の名称とその関連キーワード、各時代のテーマ史(通貨史、外交史etc..)を比較して覚えておく。名称の暗記は正直ほぼ必要ない。
  • 「〇〇世紀の△△について述べた下の文a~dについて、正しいものを or 誤っているものを一つ選べ」みたいな問題が多い
地理
  • 正しい組み合わせ問題、図表読み取り正誤問題、資料読んで論理的思考を問う問題、国ごとの産業などグラフ比較(a~cは〇、△、◆国のいずれかである)、グラフ&図のX~Zは…のいずれかである。正しい組み合わせはどれか?系の問題が多い
  • 地理のいい対策が具体的に思いつかない…調査が必要
  • 図・グラフがかなり多様されてるイメージ。頭を使って思考力で正解できる問題が結構ある。

英語

MEMO
リーディング80分、リスニング30分、各100点ずつ。
リーディング
  • 大問6つ構成。ショートメッセージやチラシ、メールのやり取り、テーマ文(やや長文)などが出題
  • 英文の内容解釈が大半、時間やお金等数字の情報に基づいた応用問題もある
  • 大問1つ10分で解けば20分余る。最初の1問は5分あれば解けそうなので、後ろの問題はよりゆとりをもって解けそう※大問6のAやってみたけど、5分で全問正解できた。Bにも5分かかると考えれば後ろの問題でも10分でコンプ可。
リスニング
  • 大問6つ構成。最初は一言二言くらいのセリフの内容を問う問題から、図表の適切な描写内容、シチュエーション英会話の内容確認、講義や説明の内容に関するまとまった内容確認問題、複数人の英会話問題などが出題
  • 問1~2は音声2回流れるが、3以降は1回しか流れない
  • 問6のBセクションでは4人の対話が流れるなど、新しいタイプの会話問題もあった

二次試験

国語

MEMO
150分120点満点。大問4つで、現文大問2つ、古文1つ、漢文1つの構成。大問1現文では評論文が多い。90/120点くらい目標
現代文
  • 評論…全5~6問、「どういうことか、なぜか説明せよ」+ 漢字書き取り1問3題。
  • 小説… 全4問、全て「どういうことか、なぜか説明せよ」
古文
  • 現代語訳、「説明せよ」が大半。
  • 理由、状況を説明する問題が多い
漢文
  • 現代語訳が大半。
  • 「簡潔に or 分かりやすく説明せよ」
  • 指定抜き出しも多少、書き下しは殆ど出題されず

数学

MEMO
100分80点満点、40~50点/80点くらい目標(*合格者の平均点がそれくらい)
Ⅰ,A,Ⅱ,B
  • 大問4つ構成(= 1つ所要時間25分)
  • 整数・確率・関数・図形という組み合わせが多い
  • 確率に漸化式を用いたり、ジャンルは絞られるようで幅広いorz

社会

MEMO
2科目で150分120点満点、各60点満点。各45点で90/120点くらい目標
日本史
  • 大問4つで古代・中世・近世・近現代から出題(1つにつき所要時間~18分程)
  • 全部30~120字程度の論述問題、大問につき3つずつほどある
地理
  • 大問3つでいずれも資料読み取り問題(1つにつき所要時間~25分程)
  • 30~90字程度(最近では2,3行以内)の記述問題が合計15~18題ほど出題
  • 日本に関する問題は毎年大問一つ分出題。地形図は隔年で出題されているため、地形図と日本地誌は重点的に対策。時事問題、特に経済・人口・都市・地域社会についてのタイムリーな問題が問われる
  • キーワードは「統計」「グラフ」「地図」
  • 該当の都道府県名、国や島名、宗教、河川の名前などを問う知識問題も大問の最初によく出る
  • グラフの該当箇所と名称や位置の正しい組み合わせを答えさせる問題もある。
  • 時事問題は新型コロナとか出題されるのでは?
  • 森林や水資源の問題が頻出

英語

MEMO
120分120点満点。大問5つでL&R&Wの要素がある。100~110/120点くらい目標
L&R
  • 文法・語彙や読解、自由英作文、日本語要約、リスニングなど
  • 45分経過時からリスニング始まる(大問3)
  • 大問は1A、1B、2、3(リスニング)、4A、4B、5という構成
  • 1A…日本語要約(70~120字以内の日本語要約)、1B…読解の空欄補充(入る英文を記号で回答等)、2…自由英作文(2A,2Bで二問ある)、3…リスニング、4A…文法問題(近年は誤用指摘、並び替え問題が主流)、4B…和訳問題(1つの長文から3つの和訳問題)、5…長文読解(1つの長文に対して上記のミックスで出題)
  • 1A→2→4B→3→4A→5→1Bの順番で解くのがおすすめらしい(だが実際にやってみて判断する)
注意
東大英語のスコアはそのまま入学後の英語のレベル別クラス分けに影響するらしい。

参考サイト一覧

メモ欄

MEMO
  • 目指せ学部内最高得点!!そのくらいの意気でやろう!
  • 康太にみんチャレで「東大文Ⅲ合格💮」って報告したい
  • シュタゲの世界観でモチベーションアップ⤴️
  • 明治の頃、はぐれて入学の写真撮れなかったのを東大でやり直そう。っていうコンセプト。
  • 学習の目的・時間の意識。「今は何のための時間だろうか?」「何を達成するための学習だろうか?」